日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟6話口咽青姦

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟6話口咽青姦

 





都会からちょっと離れた田舎を訪れたヒロトと涼音。

 

田舎に住んでいるタケルと愛美は日焼け跡ばっちり。

 

膨らんだおっぱいにパコパコする毎日です。

 

きっと彼ら彼女らはオトナになってこの日の出来事を思い出すのでしょう。

 

タケルは涼音に、ヒロトは愛美に通い詰めです。

 

べったりいちゃいちゃです。

 

タケルは鈴音にヒロトは愛美に筆おろししてもらいました。

 

初めてのパコパコはとても気持ちがいいものでした。

 

タケルと涼音がしてたらその横でヒロトと愛美がエッチ。

 

あたしたちもはめっこするか💛

 

そんな内容の達磨さん転んだチンジャオ娘漫画に仕上がっています。

 

ほれほれ?ここが気持ちいいか?

 

6話では涼音の気持ちいところを探そうとするタケル。

 

まんこの中に出すのは飽きたのか?

 

お口の中にザーメンをたんまり中だしします。

 

セックス!セックス!

 

6話でも好きなだけ中だししますよ。

 

精子ビュクビュク。おまんこきゅうきゅう。

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~6話口咽青姦ブックライブコミック~無料立ち読み

 





せっかくの夏休みなので神社に行って乱交。

 

親への口実は蝉取り、クワガタ、かぶとむし。

 

虫取りです。

 

山の中では四人っきりです。

 

これはラッキーな瞬間ですね。

 

1話ではお互いのちんちん触ってもらうだけでは満足できなかった、

ヒロトとタケル。

 

1話ではおまんこ触ってもらうだけでは我慢できなかった愛美と鈴音。

 

6話でも鈴音がタケルにされてるのを見て嫉妬するヒロト。

 

実姉が従弟にやられる姿を見て、愛美の膣内でその肉棒を、

ワンサイズ大きくします。

 

タケルとヒロトとプレイを重ねるうちに、

どんどん淫らになっていく鈴音と愛美。

 

田舎の夏休みの短期間でこんなに従順になるなんて。

 

なんて表情なのでしょう。

 

ついこの間童貞喪失、処女喪失したばかりだというのに。

 

森に昆虫採集にきたヒロト、タケル、涼音、愛美。

 

エッチな気分になったタケルは茂みのなかで涼音にイマラチオ。

 

汗の塩味が効いた我慢汁。

 

鈴音にごっくん飲ませます。

 

鈴音、精液はきたないものだと言ってたのに。。。

 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~6話公式あらすじ






「姉ちゃんって、こんな声でイクんだ…」姉が従弟の慰み者にされる隣で、弟は従姉の肉体に溺れて――夏休み、数年ぶりに親の田舎へ来た都会育ちの姉弟。そこで彼らが再会したのは、田舎で暮らす同年代の従姉弟たち。かつては日に焼けるまで遊び回っていた4人だけれど、いまや思春期を迎えた彼らの興味は別のことに移っていた。「ねぇ、もうエッチしたことあるん?」性に無知で無邪気な田舎育ちのふたりに流されて、それぞれ従姉弟と性行為の練習をすることになった姉と弟。初めはただの悪ふざけだったけれど、年頃の男女がそれだけで収まるはずはなく…姉は従弟に押し倒されて、弟の目の前で処女を奪われてしまう。美しい姉が汚される光景に異様な興奮を覚えた弟は、代わりに従姉の、その日に焼けた発育の良い身体を貪って…。ヤリたい盛りの少年少女が、田舎で「秘密の遊び」に耽る夏の物語。

 

第1話 「みんなでちょっと練習してみん?」姉は従弟と、僕は従姉と
第2話 「姉ちゃんがあんな声で…」姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味
第3話 「やだ…こっち見ちゃダメっ」隣の布団で従弟に抱かれる姉の顔
第4話 「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体
第5話 「このマ○コ気持ち良すぎる!」姉の交尾を眺めながら従姉の口で
日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~
第6話 「まるで動物みたい」田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女

第7話 「オレ赤ちゃん産んでよ!」火照った身体は河の水でも冷めなくて

ひにやけるまでいなかのいとことおとうととおとうと

hiniyakerumadeinakanootokotootoutotootouto